綾辻行人の世界観は文字で伝わる緊張感がある

私は本を読むのが大好きで、中でもミステリーは大好物です。
ミステリーはなかなか読むのが難しく手が出しにくい…と思っている人もいるでしょうが、そんな人にオススメしたいのが綾辻行人さんの作品です。
代表作に館シリーズがあり、中でも「十角館の殺人」は第一作にして、とても見ごたえのある作品でありました。
綾辻さんはトリックというよりは文章で読者を騙す、叙述トリックを得意としている作家さんですが、この作品を読んだ時の衝撃は忘れられません。
思わずもう一度最初から読み返したくなる、そんな作品でありました。
館シリーズは十角館、水車館と続いて奇面館が最新となっていますが、私が十角館以外にオススメしたいのは暗黒館です。
2000ページ以上の大作でありますが、すべての伏線が最後には回収されていて、クオリティの高い作品となっています。
綾辻さんの作品は基本的に表現が分かりやすく、入りやすい世界観だと思うので、ぜひミステリーに馴染みがない人も読んでみてもらいたいです。DUOザクレンジングバーム 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です