パンク修理は夫に頼むのではなく、自転車屋さんに頼もう

最近夫の自転車がパンクしました。夫は自転車通勤なので今までもよくパンクしていて前回はとうとうチューブを交換しました。今回は出費を抑えるため自分でパンク修理をするように頼みました。早速夫は100円ショップで材料を買ってきて時間はかかりましたが自分で直しました。自分達でやればこんなに安く済むと喜んでいたところ、1週間もしないうちに又パンクしました。夫が確認すると直した部分がダメになっているとのことで再度直し始めました。ところが同じ部分を何度もやすりでこすってやり直すうちに空気を入れてもすぐに抜けるようになりました。
もう自分の手には負えないと自転車屋さんにパンク修理をお願いすることにしました。自転車屋さんはもうチューブがボロボロになっているからチューブ交換するしかないとの判断でした。それを聞いて夫にパンク修理を頼まなければよかったと思いました。チューブ交換してまだ間もないので本来ならボロボロになることはなく最初から自分達で直さなければパンク修理で済んだはずです。今度パンクしたら今までのように自転車屋さんにお願いしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です